海外での活動

バングラデシュ支援

日本からの英語教材で学ぶ子どもたち

コンピュータの技術を学ぶ女性たち

飢餓を終わらせるためのセミナー

こころのビタミン研究所は設立以来、特定非営利活動法人ハンガー・フリー・ワールド(HFW)のバングラデシュ支部が運営している、カリガンジ地区のTDC(職業開発センター兼小学校)を支援しています。カリガンジでは、小学校の運営、有機農業の推進、女性の自立のための縫製・刺繍のスキル研修、コンピュータの習得などを支援しています。2010年からは、ボダ地区にも支援を広げ、母子ヘルスセンター、有機農業推進への支援を行なっています。また、日本で作成した英語教材は、カリガンジとボダの小学校に届けられています。

また、2003年より、毎年、首都ダッカで、栗原弘美代表理事による「バングラデシュの飢餓を終わらせるためのビジョン、リーダーシップ、パートナーシップ」セミナーを開催しています。このセミナーにはHFWのスタッフやボランティア、ダッカ大学の教授や学生、マスコミ関係者に加えて、「2021フォーラム」の関係者などさまざまな分野の方が参加しています。

(注:「2021フォーラム」とは政府のマニュフェストで、建国50周年にあたる2021年までに中所得国入りを目標とした農業・教育・医療分野への取り組み。)

バングラデシュ人民共和国

ハイチ支援

診察を受ける子供

食料配布を受ける人々

中米の最貧国といわれるカリブ海の国、ハイチ共和国の診療所を支援しています。このセンターは、現地NGO「イニシアティブ・アゲンスト・ハンガー(IAH)」が首都ポルトープランス近郊で運営しており、貧しい人々にわずかな初診料だけで、病気や怪我の治療、子どもたちへの予防接種、エイズ予防、食料の配布などを行なっています。

2010年の1月、ハイチは大地震に見舞われ、IAHの診療所も被災しました。代表のセンティル・ラゲル氏はセンターの応急処置をして6ヶ月後には何とか診療所を再開しましたが、安全とはいえません。また、この診療所は賃貸のため、センティル氏は、かねてより保有している土地に、新しく診療所を建設することを願っており、こころのビタミン研究所は、医療センターの建設資金600万円を集めています。

ハイチ共和国

医療センター建設にご支援お願いします

センティル・ラゲル(IAH代表)からのメッセージ

IAH代表 センティル・ラゲル

医療センター完成予定図

ハイチの復興を手伝ってください

昨年3月11日に日本を襲った巨大な地震と津波で被災された方々に心からお悔やみ申し上げます。その約1年前、ハイチも大地震に見舞われ、25万人が亡くなり、数百万人が甚大な被害を受け、首都ポルトープランスの社会基盤を全て破壊しました。2年たった今もなお、60万人が仮設テントで暮らしています。

こころのビタミン研究所が支援してくださっている私たちの医療センターも被災しました。応急処置をして、何とか活動を再開していますが、建物は危険な状態です。

私たちは、新しく医療センターを建設したいと切に願っています。どうか資金を支援してください。私たちといっしょに、ハイチの復興を手伝ってください。あなたからのご寄付はハイチのよりよい未来を築くために、大きな助けになります。

医療センターを建設するパートナーになってください

今回、建設資金を一万円以上ご寄付下さった方のお名前をプレートに刻んで、医療センターに掲げ、末永く貢献をたたえます。

クレジットカードから寄付ができます