ハイチの会セスラの小学校への支援を開始しました

こころのビタミン研究所では、国内の子ども支援だけでなく、ハイチの学校への支援も開始しました。

横浜市のNPO法人ハイチの会セスラ(代表 高岡美智子さん)が運営しているモーリヤンクセスラ校は、ハイチのアルチボニット県にあります。マリクレール校長は、2010年に1クラスからスタートし、毎年1クラスずつ増やして、2017年6月現在、8学年9クラス、270人の生徒がいます。9月の新学期には5年生が6年生に進み、幼稚園・小学校の全学年が揃いますが、それに伴い教室が2つ不足していました。
そこで、こころのビタミン研究所は2教室分の増設費用を含めて50万円を寄付し、9月には無事教室が出来上がり、子どもたちが元気に学んでいます。
今はまだ粗末な教室ですが、ハイチの会セスラは、今後きちんとした学校を建設したいと願っています。

こころのビタミン研究所は同じハイチを支援するパートナーとしてセスラ校を応援していきます。
今後ともみなさまのご支援をお願いいたします。